弊社は、50年に渡り(健康な暮らしのアドバイザー)として、兵庫県全域で、家庭薬の配置販売業の

 

営業活動をさせて頂いております。

 

 

 

 家庭配置薬の営業システム

 

💊箱代、保証金は不要です。

 

💊ご使用頂いた薬代のみお支払い頂きます。(ご使用なき場合はもちろん無料です。)

 

💊弊社社員が5、6ヶ月に一度お伺いいたします。

 

💊健康相談は、無料です。

 

 

 ご家族皆様の健康に関する総合的なアドバイス、情報提供をさせて頂いております。

 

又、弊社では、長い歴史と体験に基づいて集大成された漢方薬も取り扱っております。

 

💊 配置薬 例 💊

 

 

 配置のルーツ

 

  ●配置の始まり

 

  配置は300年も前に始まった伝統ある商売です。元禄三年(1690)に、富山藩主前田正甫(まさとし)が、江戸城内で急な腹痛に苦しむ秋田河内守という大名に、反魂丹という薬を与えたところ、腹痛がピタリと治りました。それを見た諸国の大名達が、ぜひ自分のところでも、その薬を販売してくれるように頼んだのが、配置の始まりと言われています。また、このような薬は、元禄時代以前より、中国の影響を受けて作られていましたが、配置売薬として、日本中に浸透していったのは、江戸時代からというのが定説になっています。